ふるさと納税とは ふるさと納税とは

ふるさと納税制度とは、居住地以外の「ふるさと」に貢献や応援をしたいという納税者の思いを実現するため、応援したい地方公共団体への寄附を通じて、その寄附額の一定限度を所得税と個人住民税からそれぞれ控除できる制度です。

ふるさと納税の特徴

1.寄付するとお礼品がもらえる

お礼品一覧へ

・好きな地域が選べる
・寄付の用途が選べる
・複数寄付が可能

2.確定申告で税金還付・控除される

自己負担は実質2,000円 ※1

●賢く使うには、控除される上限額を知りましょう

ご自身の控除上限額を知る

※1 上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されます。
  自己負担が2,000円になります。

●2017年1月1日から、控除上限が2倍に!

控除上限が2倍

●サラリーマンなら確定申告が不要に!

次の2つの条件を満たしていれば、確定申告不要で住民税が減額されます。

1.寄付を行った年の所得について、確定申告が不要な給与所得者
2.1年間の「ふるさと納税」納付先自治体が5団体以内。

→ さらにに詳しく知りたい方はこちら

 

2.寄付金のお振込み

送付された「振込口座情報」により、所定の金融機関にてお振込みください。

※振込手数料、現金書留の場合に発生した料金はご負担ください。

3.証明書・ワンストップ制度特例申請書・特産品の発送

入金確認後、寄付金受領証明書及びワンストップ制度特例申請書を送付します。
ご希望の特産品を発送します。(期間限定・予約制の品は随時発送)

4.寄付金控除の申告

最寄りの税務署又は住所地の市区町村役場に寄附した翌年の3月15日までに所得税の確定申告を行ってください。
住民税のみ控除する場合は、所得税の確定申告の代わりに、「市町村民税寄附金税額控除申告書」を住所地市区町村税務課へ 寄附した翌年の3月15日までに提出してください。
ワンストップ制度をご利用になられる方は「特例申請書」を、寄付した市区町村へ翌年の1月10日までにご提示ください。

5.手続き完了

寄附金控除の申告をされた方の所得や寄附金の額に応じて、寄附を行った年の所得税から所得控除、寄附を行った翌年度の住民税から税額控除されます。

寄附金の使い道

  1. 自然環境の保全及び景観の保持に関する事業
  2. 村民の健康増進及び福祉の向上に関する事業
  3. 教育・文化・スポーツ活動の充実に関する事業
  4. 安全・安心な地域づくりに関する事業
  5. 子育てに関する事業
  6. その他活力に満ちあふれた宮田村づくりに関する事業
木のぬくもりたっぷりの園内【こうめ保育園】